エールフランス/KLM パリ (フランス) 秘密の航空券

【無料公開版】衝撃の総額31万円台 エールフランス 日本ーパリ往復 最新仕様777-300ビジネスクラスに激安で乗る方法【秘密の航空運賃】


エールフランス ビジネスクラス往復航空券を利用し、日本ーヨーロッパの旅行を31万円から実現できる方法があります。いちはやくあなたにお伝えします。

なお、この記事は無料公開版ですので、これ以後の画像・本文・グラフ等は有料版と比べて省略・非公開となっていたり、表現が一部改変されていたり、段落の順序が変更されていたりします。ご了承ください。

もちろん、有料記事ではすべての画像・本文・グラフ等は改変されておらず、今回の旅行を実現する方法をそのまま伝授できるようにしてあります。

現在も販売中 【日本ーヨーロッパ往復ビジネスクラス運賃】

エールフランス *******A運賃

エールフランス(AF)
日本ーヨーロッパ往復
ビジネスクラス秘密運賃

これは当面販売が継続される予定の秘密運賃ですが、
1日あたりの席数販売数はおよそ2~6席となっています。
希望の日程がある方はお急ぎください。

出典:airfrance.co.jp

エールフランスは世界三大航空連合の1つである「スカイチーム」の主要メンバーです。とくにKLMオランダ航空と提携して巨大なネットワークを構築しています。拠点空港はパリ・シャルル・ド・ゴール空港とアムステルダム・スキポール空港で、広大な国際線ネットワークを提供する「エールフランス-KLMグループ」を構成しています。

今回ご紹介するのは、このエールフランスのビジネスクラス往復運賃です。あるテクニックと手間をかけることによりコミコミ30万円台で日本ーパリ間を最新仕様のビジネスクラスで、しかも日本発相場の50%オフという激安で往復できます。

座席数は非常に限られていますので、ご購入希望の方は、これからお話する内容をよくお読みいただき、この激安ビジネスクラス航空券の予約・購入・発券を実現してください。

なお、この情報はエールフランス公式ウェブサイトや公式アナウンス等を通じて取得・確認したものであり、当記事で明示される航空券の購入方法も、すべて合法的かつ良識に則ったものです。


今回の情報の安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性等については慎重を期して最善を尽くしていますが、当ウェブサイトはそれらについて100%の保証ができるわけではありません。

したがって、当ウェブサイトにて提供する今回の情報やサービス、その方法を通じて読者が取得する情報等に関連して、読者自身または第三者が損害を被った場合においても、当ウェブサイト管理者は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

*******A運賃 航空運賃の概要

↑は今回の航空運賃の概要です。ルートはエールフランス運航便またはKLM運航便でパリorアムステルダムー東京を往復できる内容になっています。

ただ、空席照会をしてみても実際は満席・終売・売切と出るばかりで、発券までが非常に難しいのがネックです。

ところが・・・エールフランス公式サイトで空席スケジュールを1日ずつスキャンした結果、ちゃんと空席がヒットするではありませんか!!!

机上の空論ではなく、本当に現実に買うことのできる激安ビジネスクラス航空券だということがわかります。

モデル旅程 2024年5月**日に東京出発 ~ 5月**日にパリ出発(帰国)

この記事の作成時点での情報(2024年3月上旬)ですが、しっかり空席がありましたので、2024年ゴールデンウイーク明けに東京ーパリを飛ぶ日程を想定しました。まだ誰にも見つかっていなければの話ですが状況次第ではこのように往復30万円台で東京発着のビジネスクラスでのヨーロッパ旅行があっさりと実現できてしまうのです。

第1区間

この区間は、できれば*********で飛びましょう。*******を回避できます。
日付は5/**になっていますが一例であり、別の日付にしても問題ありません。

【第1区間】。まずは準備運動として任意のタイミングで********に飛んでいただきます。(空席のある日に。)

ちなみに、第1区間の行先は少なくともソウル、クアラルンプール、シンガポール、バンコクなどの近隣アジア諸国ではありませんので、あしからず。「ソウル発券」とか「KL発券」、「カイロ発券」、「バンコク発券」といったなつかしい表現も、昔はよく見られたものですが…。

また、某航空会社のマイルを大量購入して、そのマイルで特典航空券を予約する、という方法でもありません。

航空券は、購入していただきます。

今回のモデル旅程では第1区間を5/**にスタート、*****に*週間滞在し、第2区間を5/**にスタートとする日程にしています。

第2区間ではいよいよ東京ーパリ間、いよいよ本命のエールフランス 最新ビジネスクラスを堪能しましょう。2024年3月時点で東京ーパリ往復30万円台の空席がまだ残っています。世界各国のビジネスクラス利用者たちから高い評価を受けている理由を体感してください。

出典:airfrance.co.jp

今回の最安運賃には「ビジネス・ライト運賃」と呼ばれる種別があり、これには空港でのラウンジ利用権がついていません。スカイチーム・エリート・プラスの効力をもつ会員証(デルタ・ゴールドメダリオンやベトナム航空・プラチナなど)を持っていない方は、その1つ上の運賃種別「ビジネス・スタンダード」運賃を購入しましょう。といっても、差額は1~2万円程度です。しかもこちらのほうがより制限が少なく、航空旅行者にとっての自由度が増します。

「松・竹・梅の3ランクがあって迷うなら、とりあえず真ん中のランク・竹を選んでおけば間違いない」という意見はおおいに参考になります。

第2区間

エールフランスの最新ビジネスクラスはいかがでしたか?

あなたはまたエールフランスのビジネスクラスでヨーロッパに行くことになると確信しましたね。

あなたはエールフランスの最新ビジネスクラスを心ゆくまで堪能し、5/**には******に到着します。
しかし、これで旅は終わりではないのです
旅程のうえでは、あなたは「********に到着し、**********を旅行中」という扱いになっています。

したがって、「チケットの有効期間内に************をする」必要があるわけです。
もちろん、それはあなたにとって「またエールフランスの最新ビジネスクラスでパリー東京間を飛ぶ」という意味にほかならないのですが。

出典:france.fr

パリ・シャルルドゴール空港に降りたら、2024年**月**日の帰国日(パリ出発日)まであなたは自由です。
パリの心地よい風に吹かれながら、市内や近郊の行きたい場所を散策・観光してください。
現地の家族や友人と過ごすという人にも、この秘密運賃は役に立つでしょう。

パリで何をするか、決めきれないという人は…

まずはフランス政府や公共機関のウェブサイトから情報を集めてみてください。パリの魅力がよくわかるはずです。

【PR】すでに現地で見るものや体験することを決めた方は、宿泊場所の確保もしっかりやりましょう。

【PR】パリのおみやげの中でも、私のオススメは「クスミ」と「ショコラ」です。

第3区間 ふたたびエールフランスのパリー日本路線 ビジネスクラスを楽しみましょう

路線出発日航空会社座席クラス機材
パリー東京路線2024/**/**エールフランスビジネスクラス773
次の区間でも、またエールフランスの最新仕様ビジネスクラスを堪能する空の旅となります

さあ、戻りもまたエールフランスの777-300、パリー東京路線の最新仕様機です。再び最新ビジネスクラスです。

出典:airfrance.co.jp

繰り返しになりますが、今回想定している最安運賃は「ビジネス・ライト運賃」と呼ばれる種別で、空港でのラウンジ利用権がついていません。スカイチーム・エリート・プラスの効力をもつ会員証(デルタ・ゴールドメダリオンやベトナム航空・プラチナなど)を持っている方は、ビジネス・ライト運賃でもラウンジが利用できます。しかし、そうでない方はその1つ上の運賃種別「ビジネス・スタンダード」運賃を購入しましょう。差額は1~2万円程度です。こちらのほうがより制限が少なく、自由度が高いです。

座席と機材は最新仕様の777-300になります。最高の機内でお過ごしください。
飛行時間は12時間以上もあり長いですが、最新ビジネスクラスなので何も問題はありません。


まともに予約・発券したらエールフランスの日本ーパリ路線・ビジネスクラスの単純な往復でも総額約60万円になります。「半額で乗って本当にいいんですか?」あなたに聞かれたとしても、私はこう答えるでしょう。「もちろんです。そもそも、そうする権利をあなたは相場の半額で手に入れたのです。それも、各所において定められた規則どおりに、です。」

これは下世話な話かもしれませんが、「自分は他の人よりもおトクな思いをしている」という経験は、ある意味で旅行者としての自分に自信を持たせるきっかけになるのかもしれません。

第4区間 最終区間

出発地目的地出発日航空会社クラス機材
***********2024/**/19******ビジネスクラス
このプランでは最終区間を**月19日出発にしてあります。

あとは、チケット上の最終区間である******まで、またビジネスクラスで向かってください。

なぜ第4区間はこんなところに…と思われるかもしれません。

でも、ここが航空券のルールの非常に面白いところなのです。日本パリ路線の前と後ろに、*******の都市の航空券を*****る。そうするとあら不思議・・・気が付いたら東京ーパリ間のエールフランスの最新ビジネスクラスを往復そろって堪能するという急展開。しかも相場の半額で、です。

その都市がどこであろうと、エコノミーで到着したときとは明らかに違う、移動自体に疲労とストレスのない、充実した到着となるはずです。ビジネスクラスで旅行をするということは、そういうことなのです。

次のフライトはどうするべきでしょうか?

それは、あなた自身が決めてください。
真に自由な航空旅行者は、自らの意思と行動をもってその答えを見つけ出すものです。

今回の運賃 メリットとデメリット

今回のモデル旅程は、あくまで「全区間空席があり、発券規則の全条件を満たす」という観点からの日程となっています。もしあなたが、「じゃあ、自分も日付をかえて申し込んでみよう!」となっても、その日付で全区間空席があり、しかも発券規則の全条件を満たしていなければ、今回のような予約クラスで予約確定できるかどうかは、当ウェブサイトによって保証されるものではありませんもし条件を満たすことができない場合でも、ほか運賃種別に変更することで予約はできますが、種別に応じて航空券金額は急上昇します。どうぞご了承ください。


今回紹介した【*******A運賃】のメリットは・・・

[エールフランス日本路線の最新ビジネスクラスを、
相場の半額で利用できる]


エールフランス公式サイトや日本のOTAで購入すると、HNDーCDGのビジネスクラス往復直行便で、およそ60万円です。
JAL便に至っては約90万円という馬鹿馬鹿しいくらいの価格です。

[エコノミークラスのバーゲン運賃ではなくビジネスクラス割引運賃なので、マイルの加算率が比較的高い]

とはいえビジネスクラスのフルフレックス運賃ではないので、航空会社によってはマイル加算率が低いところがあります。加算先はよく考えるほうが良いです。これについては後述します。

最初の出発から12か月間有効である

例えば今回の秘密運賃と組み合わせて別のチケットを挟み込めば、(空席がある限りで)「夏に1回、冬に1回、それぞれビジネスクラスでヨーロッパ旅行」というダブり旅行の流れも作れます。

ただし、航空券は早い者勝ちの世界なので希望の日程がとれないことも多いです。また、ベースとなる運賃に対しても、さまざまな要素が絡んできますので、日程によっては価格は上がることがあります。そこはご了承ください。
これを逆に言えば、「自分だけしか知らないこの運賃をいちはやく利用し、早く動けば希望の日程を激安で確保できる」ということです。

・・・といったところでしょうか。

もちろん、デメリットにも留意しておく必要があります。想定されるデメリットは・・・

旅程を開始させるためだけにわざわざ**************をしなくてはならない。
この一手間をはさむからこそ激安運賃が実現できるのですが・・・。

全区間空席でないと予約成立にならず、スケジュール組み立てにやや難がある(=理想のスケジュールでの旅行が実現しにくい)
東京ーパリのメイン路線はAFのほかKLも飛ばしていますす。じょうずな組み合わせを見つけて、スケジュールを柔軟に調整し、最安設定を狙っていきましょう。

早朝到着となる区間がある
パリからの羽田便は、到着が早朝6時頃です。このあたりが身体への負担になるかもしれません。(羽田に朝6時に着くことは、人によってはメリットになるかもしれません。)

旅程をすべて終えたあとも*****の********をしなくてはならない
これは別の見方をすれば、そして条件が合えばメリットになります。

最安の種別にこだわりすぎると制約が激しくなる
前述のとおり、最安種別のチケットを購入するとラウンジが利用できません。そもそも今回の運賃はフルフレックスではないので、変更にも毎回*****ユーロかかるとのことです。「ビジネス・スタンダード運賃」なら、変更は基本的に無料でやってくれます(運賃に差額が発生する場合あり)。

・・・といったところでしょうか。

出典:airfrance.co.jp

マイルの積算先も考えておきましょう

今回のビジネスクラス往復割引運賃は、マイルの加算先を慎重に選ぶことで収益を最大化できます。

今回、とくに留意したいのは「************を加算先にしないこと」です。今回の運賃は非常におトクすぎる割引運賃ですから、某航空会社側としては「これ以上おトクにさせるわけにはいかない!」といった考えがあるのかもしれません。もし*********に積算させようとすると…得られるマイルはなんと0です。

逆に、*****航空のマイレージ番号を登録して積算すると、非常に旨味があります。*****航空は*****路線が片道******マイルですので、今回の旅行後に*******への旅行ができることが確定となります。

ということは、【エールフランスの最新ビジネスクラスで、しかも自分だけ30万円台前半という激安で日本ーヨーロッパを往復しておいて、旅行後にまた日本ー****をタダで往復できちゃう」という、どう考えてもズルい展開を実現できるのです。

下の表に、今回の運賃での予想積算マイルをまとめましたので参考にしてください。なお、この数値は非上級会員のものです。上級会員の場合は、さらに上乗せでマイルが積算される可能性があります

マイル積算先のエアライン候補 ベスト4予想される積算マイル数
******航空15162 miles
********航空14000 miles
**********14000 miles
******航空)10382 miles
今回の運賃種別に対応するマイル積算先と積算率については、
関係する航空会社の公式ウェブサイトを必ずご確認ください。

獲得できたマイルは後日、特典航空券などに交換が可能です。ただし、この獲得できたマイルが上級会員到達の可否の判断基準には用いられない、という航空会社も多くあります。今回のルートで「エリート資格ポイント」がどれだけ手に入るか、についてはそれぞれの航空会社の公式ウェブサイトの計算表をご自身で調べるか、サポート窓口にご確認ください。

エールフランス 激安ビジネスクラス運賃*******Aの買い方

最後に、今回ご紹介した秘密の運賃******Aの買い方をご案内します。

航空券さがしの定番といえば[Google Flight]や[スカイスキャナー]なのですが…基本的に*******A運賃は、単純往復の旅程であれば検索結果に比較的容易に表示されます。

もちろん、日本のOTA各社(HIS、楽天トラベル、ena、サプライス、エアトリなど)にも表示されやすいです。

ただし、代理店経由だとさまざまな名目で手数料が発生します。ご注意ください。OTAを通すということは、発券手数料で縛られ、変更やキャンセルのときも手数料で縛られていくことを意味します。変更やキャンセルの可能性も考えれば、本当の自由を求める旅行者であるほどOTAは避けることが賢明だとわかります。

したがって、*******A運賃はネット上で予約・購入・発券がやりやすいと考えてください。

ただし、今回のモデル旅程では、ストップオーバー(乗り継ぎ経由地での24時間以上の滞在)を組み込んでいます。
このストップオーバーを考慮して予約・購入するのであれば、やはりエールフランス公式サイトで直接予約購入し、発券するのが確実です。

◎公式サイトで航空券購入する際は、↑の画面のように「複数の目的地」にして入力をやっていきましょう。
今回の運賃はフレックスタイプを選択しなければ、どれも【返金不可】です。日付や時間帯に入力ミスがないか、何度も何度も念入りに確認してください。

この航空券購入自体に要する最低コストは約31万円です。これには諸税・各種手数料・サーチャージ等がすべて含まれます。

最後に

出典:airfrance.co.jp

今回ご紹介した【秘密の運賃******A】の情報は、いかがでしたか?

最初と最後に*********の区間をくっつける必要がありますが、そのコストを入れても約30万円台で東京発・パリへのエールフランス直行便、最新仕様のビジネスクラス往復旅行が実現できるのが大きな魅力です。

今年のGWに、あるいは夏休みに、冬休みに。【格安で、シーズンごとに必ずヨーロッパへのビジネスクラス旅行ができちゃう方法】を実践して、誰よりも早く、自分だけおトクな思いをましょう!!

希望の日程があるかどうか事前に調べるなら、****** ******** Searchがオススメです。まずは単純往復の旅程を設定し、空席の有無や最安運賃が表示されやすい日付を探ってみてください。

今回の情報は、以上になります。

今回は東京ーパリ エールフランスの最新仕様ビジネスクラス往復を30万円台前半で実現できる【秘密の運賃*******Aをお伝えしました。

ここまで無料版を読んでくださり、ありがとうございました


ご留意していただきたいこと

この記事は有料記事で述べている内容を、無料版としてまとめたものです。

この無料版では、画像・本文・グラフ等は有料版と比べて省略・変更となっていたり、表現が一部改変されていたり、段落の順序が変更されていたりします。ご了承ください。

もちろん、有料記事ではすべての画像・本文・グラフ等は改変されておらず、今回の旅行を実現する方法をそのまま伝授できるようにしてあります。

また今回、ここに記載された各種情報については、エールフランス/KLM公式に確認し裏取りをするなどして、可能な限り正確で、妥当で、かつ最新であるよう努めましたが、それらが100%保証される、というものではありません。

とくに、希望の日程を最安値で予約発券できるかどうかは、空席状況をはじめとしたさまざまな要因によって決まることにもご留意ください。今回ご紹介したモデル日程のとおりに旅程を入力しても、同じ価格条件や運航便にならないことが多々あります。

「有料記事を購読すると理想の日程・価格・座席クラスで確約・発券できる」というわけではありませんのでご了承ください。

これは言い換えれば、航空旅行では自分の思い通りの旅程が、理想としていた金額やスケジュールで実現できない可能性が常にある、ということです。

また、今回の運賃種別に対応するマイル加算先と積算率については、関係する航空会社の公式ウェブサイトを必ず確認してください。

この情報のフルバージョンは有料記事として公開中です。

この航空券のフルバージョン情報を、航空券購入の意思の無い人を含む不特定多数の方に無料で一気に広めたら・・・いわゆるフリーライダーが殺到し、この航空会社は今回の運賃を早い段階で販売停止か販売終了にするでしょう。

かつてブリティッシュ・エアウェイズのAVIOSの改悪がなぜ何度も起きたか、アメックス発行のプライオリティ・パスがなぜ無料食事を撤廃させたか…。それを思い返せば、よくわかります。

以下に「当ウェブサイトにときどき寄せられるご質問の代表例」を載せておきますので、ご参考までにどうぞ。


:有料記事の内容は、真偽不明だったり、違法行為を推奨するものだったりしますか?

当ウェブサイトが取り扱う情報は有料記事・無料記事問わず、すべて各航空会社の公式ウェブサイト公式アナウンス等を通じて取得したものであり、このウェブサイトで示される航空券の購入方法もすべて合法的かつ規則と良識に則ったものです。

それらの情報の安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性等については慎重を期して最善を尽くしますが、当ウェブサイトはそれらについて100%の保証ができるわけではありません。

したがって、当ウェブサイトにて提供する情報やサービス、その方法を通じて読者が取得する情報等に関連して、読者自身または第三者が損害を被った場合においても、当ウェブサイト管理者は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

なお、この事に関する詳細については【免責事項】にてご確認ください。

:有料記事の購入画面は、じつは個人情報やクレジットカード情報を抜き取るための偽装画面ではありませんか?

当ウェブサイトは、世界的な決済プラットフォームを有するstripe様の提供する機能を使わせていただき、ご購入者様には有料記事のロックを解除するために必要な情報をお送りしています。

したがいまして、悪意ある個人情報の取得・クレジットカード情報や決済情報の取得はいっさいおこなっておりません。

購入ボタン、決済情報入力画面、商品ページ、決済システム等はすべてstripe様にご提供いただいた安全性の高い仕組みを適切に使わせていただいています。また、決済機能の利用登録にあたっては正規の手続きを正当に踏んでおり、stripe様からも定期的な審査をしていただきながら、日々運営しているところでございます。

「有料記事は興味あるが、どうしても不安だ」という場合は、PCの場合は画面の最下部に表示されている「特定商取引法に関する表記」や「利用規約」、「免責事項」をお確かめください。

:有料記事というのは、あとで怪しい情報商材を売りつけるための入口なのではないですか?

有料記事は、おもに【日本路線をもつ外資系航空会社の上級会員に簡単になれる方法】や【本来の相場の半額以下で乗れるん日本発ビジネスクラス運賃】などが含まれます

しかし、その情報源はすべてその航空会社の公式ウェブサイトや、マーケティング担当からの正式なアナウンスです。出所の不明な情報や違法性を含む情報、航空旅行者としての倫理にそぐわないアンフェアな情報はすべて排除し、いっさい扱っておりません。


したがいまして、「誰でも簡単に稼げる・儲かる」と謳うような情報商材も作りませんし、取り扱いません。

どうぞご安心ください。

このウェブサイトでは、航空券を直接販売しているのですか?

いいえ。当ウェブサイトでは航空券を販売しません。
当ウェブサイトがおこなうのは、あくまで「情報の集約・提供」のみです。

OTAや航空各社の公式ウェブサイトでは予約購入できない航空券(秘密の航空券)の存在をお伝えし、希望者には有償でそれらの航空券の具体的な購入方法をお教えしています。

あなたがもしこの情報を活用し、実際に航空券を購入すると決断したのなら、あなた自身が航空券を購入してください。

なお、当ウェブサイト運営者が「ユーザーからの依頼を受けて、代理で当該航空券を購入し、総額に応じた手数料を徴収する」などということは、絶対にやりません。

購読用パスワードは、本日現在で9,480円です。


エールフランス ビジネスクラス 東京ーパリ往復 30万円台で実現

エールフランス ビジネスクラス
東京ーパリ往復 30万円台で実現

【購入ボタン】を押して決済すると、↓の記事を読むための専用パスワードが入手できます。

衝撃の総額31万円台 エールフランス 日本ーパリ往復 最新仕様777-300ビジネスクラスに激安で乗る方法【秘密の航空運賃・有料記事】

情報の内容とレア度を鑑みて、それなりの値段(税抜9,480JPY)になっております。

 

「エールフランス 日本路線のビジネスクラスに半額で乗れる方法を見てみたい!という方」や、

「ほかの人たちがより割高な費用を払っている中、自分だけおトクなビジネスクラスでのヨーロッパ往復旅行をしたい方」、

「デルタアメックス1年目だが、スカイチームエリートプラスの効力をエールフランスのビジネスクラス往復で確かめてみたい、という方」がご購入ください。

(このページは予告なく公開終了となる場合があります。)

¥9,480

  • ◎この記事は、次のような方に適しています。
    • パリあるいはヨーロッパに、エールフランスのビジネスクラスで激安で行きたい方。
    • エアラインの上級会員資格を、なるべく早く・安く狙いたい方。
    • 効率のよいマイル修行の手段や、そのための航空券を求めている方。
    • エールフランスの長距離ビジネスクラス・最新仕様機での旅行に興味がある方。
    • 最近の日本発の航空運賃が異様に高くなっていると感じている方。
    • 航空運賃の仕組みを知り、自分のなかの航空旅行の常識を覆してみたい方。
    • 直行便で目的地に向かうのは単調だと感じている方。
    • 安いコストでマイルを最大限ためられる航空券をお探しの方。
    • クレジットカード入会ボーナスを受け取る条件である「利用金額」をクリアしたい方。
    • リスクを理解しつつ「日本発航空券は必ず高値でなければならないという呪縛」から解放されたい方。
    • 日本人の常識から外れた激安航空券が実在することを、実際にこの目で見て、買ってみたい方。
    • 「理想の日程や価格で航空券が買えないこともある。それは当然だ。」というフレキシブルな考えをお持ちの方。
    • 第一希望の日程や価格で航空券が買えないときは、第二希望や第三希望でも良いと柔軟に考えることができる方。
  • ×この記事は、次のような方は不向きです。購入(購読)はご遠慮ください。
    • エコノミークラスのバーゲン運賃のみを求めている方。
    • 航空券ならJALまたはANAで買えば十分であると考えている方。
    • 「理想の日程や価格でしか航空券を買いたくない」という考えをお持ちの方。
    • 航空旅行に際してスケジュールの確保や予算の目途がまったく立たない方。
    • この記事をみただけで、「ああ、あのエアラインのアレだね」と瞬時に確信した方。
      (すでに知っていることに対して、わざわざお金を払う必要はまったくありません)
    • HND、ORD、CTS、FRAなどの表記が理解できず、ついていけないと感じる方。
    • UA、AA、DL、LXなどの表記が理解できず、ついていけないと感じる方。
    • 直行便で目的地に行けないことを苦痛で面倒だと感じる方。
    • 「ita Matrix」を知らない、いちども使ったことがない、使いたくもないという方。
    • 「記事から手に入れた情報を実践して美味しい経験ができたら、その体験を嬉々として不特定多数の人にどんどん無料で広めて、みんなをうらやましがらせよう。そして目先の利益をとろう。そのあとにルール改定が起きても、そんなの知ったことか。」という考えを強く持っている方。
    • 当ウェブサイトの免責事項を読まない、もしくは読めない方。
    • 当ウェブサイトの利用規約を読めない、もしくは読まない方。
    • この記事で得た運賃の機密情報を直接、当該航空会社に確認・念押し・問い合わせしたい方。
      この運賃に関する購入者側の動きや反応が活発になればなるほど、航空会社はこの運賃を廃止する方向に動きます。廃止が早まれば、結果として、より多くの日本の航空旅行者がこの運賃の恩恵を受けられなくなります。
    • 有料記事に対して、きわめて強い不信感がある方。


当ウェブサイトおよび運営者・記事の著者が今回提供した情報を利用したことにより、その利用者(あなた自身を含む)、第三者等が損害を被った場合は、その利用者がその責任と費用をもって解決していただきます。その被った損害に対しては、当ウェブサイト運営者および記事の著者はいかなる責任も負うものではありません。

今回の記事について、著者は著作権の放棄はしておりません。この記事のなかに存在するすべての文章・画像・レイアウト等を無断転載することを禁止します。また、これらを営利目的で複製・頒布等、再利用することも禁止します。引用もしくは個人的利用の範囲を著しく超えるものについては然るべき処置を行います。転載や商業利用を希望される方は前もって当ウェブサイト運営者にご連絡ください。

今回の記事は著作権や肖像権の侵害を目的とするものではありません。記事のなかで使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体・企業に帰属しており、その引用の証左として必ず出典明記がなされています。著作権や肖像権に関して問題が生じていると判断された場合はトップページ右上の「CONTACT」へご一報ください。また、著作権所有者様からの注意および修正・削除の要請があった場合は迅速かつ適正に対処いたします。

当ウェブサイトの免責事項については、こちらからご確認いただけます。

今回の有料記事はその特性上、返金・返品は不可となります。とくに以下の事由について当ウェブサイト運営者は返金を一切しないものとしておりますので、あらためてご確認ください。
-本サービスおよびコンテンツで示された情報や方法を、購入者自身の責任や諸々の外部的要因により再現・活用できなかった場合
-本サービスおよびコンテンツ購入後に航空会社の規定もしくは法律が改正されたことにより、本サービスおよびコンテンツで示された情報や方法が通用しなくなった場合
-本サービスおよびコンテンツで示された情報や方法を購入者自身の責任で再現・活用する際にかかる費用が追加で発生した場合、もしくは購入者自身の判断に起因して損失や不利益が発生した場合
ただし、当ウェブサイトの不備や決済システムによる不備、ならびにクレジットカードの不正利用が法的な手続きをもって明確に証明された場合に限り、当ウェブサイト運営者は返金の措置を講じることとします。

当ウェブサイトの利用規約については、こちらから再度ご確認いただけます。

-エールフランス/KLM, パリ (フランス), 秘密の航空券