プーケット(タイ) マレーシア航空 ワンワールド 最上級会員への近道 秘密の航空券

マレーシア航空 ビジネスクラス往復旅行 東京~プーケット(タイ) ゴールデンウィーク期間中でも10万円台 まだ空席あり!! 【ヒントのみ 無料公開版】 


マレーシア航空のビジネスクラス往復航空券を利用し、日本発プーケット(タイ)行きの旅行を総額15万円台で実現できる状況がつづいています。いちはやくあなたにお伝えします。

現在販売中 【東京~プーケット(タイ)往復ビジネスクラス運賃】

マレーシア航空(MH) *****1**運賃

マレーシア航空(MH)
プーケット(タイ)往復
ビジネスクラス秘密運賃

これは当面販売が継続される予定の秘密運賃ですが、
1日あたりの席数は限定となっています。
希望の日程がある方はお急ぎください。
なお、この記事は【PR】を含みます。

出典:malaysiaairlines.com

Skytrax社より、世界でも数少ない「5つ星の航空会社」のひとつとして高く評価されているのがマレーシア航空です。2013年にはJALやフィンエアーなどが加盟する「ワンワールド・アライアンス」に加盟もしています。世界最高のキャビン・スタッフを擁するこの航空会社は、クアラルンプールのハブ空港を通じて、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、中東、北米の60以上の都市とつながっており、今もなお路線を拡大中です

今回ご紹介するのは、このマレーシア航空のビジネスクラス往復運賃「*****1**」です。

2024年ゴールデンウィーク期間中、おもいきって東南アジアの美しいビーチリゾートで過ごそうと計画している人には絶好のチャンスが目の前にあります。GW期間中なのに日本発着でコミコミ総額で約16万円弱。しかも評価の高いマレーシア航空のビジネスクラスで往復できます。

ここではヒントのみを掲載して、誰でも情報の断片が手に入るようにしてあります。

勘の鋭い人や、ある程度航空券を自分で調達してきた経験がある方は、ここに掲載されたヒントを見ただけで何をすればよいかが分かるはずです。

逆に、ヒントだけではどうしてもわからないという方や、購入を考えているのでぜひ答え合わせをしておきたいという方は有料記事のほうをご覧ください。すべての情報や答えは有料記事にて、内容を隠すことなく明かしています。

この航空券の情報の重要部分を有料とすることで、「本当に必要としている人に空席が残るようにし、フリーライダー予備軍をなるべく生まないようにする」ためです。

「購入を熱望しているけれども有料記事はちょっと…」という方でも、これからお話する内容をよくお読みいただき、この無料記事のヒント部分のみを参考にして、2024年GW期間中のプーケットへの激安ビジネスクラス航空券を予約・購入・発券を謎解き感覚で実現してください。

後半では「どの航空会社のマイレージプログラムに積算すればベストか?」についてもヒントがありますので、ご参考になさってください。

*****1**運賃 航空運賃の概要

↑は今回の航空運賃の概要です(この無料記事では省略させていただきます)。

マレーシアの首都クアラルンプール(通称KL)でちょっとした寄り道をしつつ、世界有数のビーチリゾート・プーケットで充実した時間を過ごせます。エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜の美しさから「アンダマン海の真珠」と称されているプーケットは、その魅力にハマりこんでリピーターに…という人も多いです。

マレーシア航空の*****1**運賃は、このプーケットへ往復ともに充実のビジネスクラスで優雅に過ごしながら行くことができ、さらにはマイルや上級会員ポイントも稼いで帰国後には国内旅行を無料でできてしまうという、かなり狙い目の運賃です。

2024年3月28日現在まだまだ空席があるので、スカイスキャナーやGoogle Flightを使えば簡単に出てきます。日程確認からの予約発券までがネット上で完結でき、簡単なのがうれしいポイントです

机上の空論ではなく、本当に現実に買うことのできる「納得のビジネスクラス航空券」ですので、ここに出されているヒントをたよりにリーズナブルなビジネスクラス運賃の発券方法を見つけて、いろいろな意味で余裕のある旅程を組んでみましょう!!!

ためしにスカイスキャナーでわざと海外OTAの激安運賃を表示させてみてください。↑の画像のように、おトクなプーケット(タイ)行き、しかもワンワールド加盟航空会社のビジネスクラス確定のチケットが本当に出てきます。

上の画像には本来、旅程組み合わせの一例を載せていますが、ここでは伏せています。有料記事にて隠さずご紹介しています。

今回のモデル日程では、「2024年GWの最中に、あえて南国のリゾートでプチバカンス」といえる旅行を想定していますが、たとえばTrip.comでは最安の約11万円が出てきました。(日時・タイミングにより価格は変動しますのでご了承ください。)

モデル旅程 2024年4月26日(木)に東京発 ~ 5月3日(金)にプーケット発・帰国

この記事の作成時点での情報(2024年3月下旬)ですがしっかり空席がありました。

まだ誰にも見つかっていなければの話ですが、状況次第では往復総額が10万円台前半という激安価格でマレーシア航空の充実ビジネスクラス旅行が実現できてしまうのです。

まず、わざとやっていただくこと

有料版では、詳細が隠されることなく掲載されています。

まずは準備運動として、わざと*****をしていただきます。

※「出発前に80,000マイルをためておくこと」、「あらかじめ〇〇と契約し年会費を前払いすること」、「マイレージ旅行コンサルタントのセミナーに参加すること」といった、怪しさMAXな事前準備などは必要ありません。

ちなみに、この手間をかけずに一般的な方法での東京発プーケット行き・ワンワールド加盟航空会社のビジネスクラス往復航空券を買った場合はいくらになるかご存知でしょうか?

そうです。往復26万円台です。(この金額ならヨーロッパにビジネスクラスで行けます。)

ですが、わざと「あること」をするだけで、26万円は半額以下の11万円台まで下がり、いろいろ上乗せが発生したとしても全行程が約15万円におさまります。(もちろん合法的な手段で、です。)

最近はビジネスクラス制限運賃も多様化し、「最安だけれども座席指定とラウンジ利用は不可」というLCC型のビジネスクラスチケットも出てきていますが…今回の運賃は座席指定もラウンジ利用もコミコミですので安心してください。

たとえばマレーシア航空の本拠地・クアラルンプール国際空港(KLIA)では「ゴールデンラウンジ」が利用できます。

出典:malaysiaairlines.com

そしてクアラルンプール発着のMH便の機材はA330-300で、ビジネスクラスは非常にクオリティの高い仕様です。乗務員の皆さんからの「マレーシアン・ホスピタリティ」を受けつつ、安心して優雅にお過ごしください。飛行時間は約7時間ですが、あまりに快適なビジネスクラスなので体感的には「あっという間」にクアラルンプール(KL)に着くでしょう。

KL到着は4/26の午後4時35分になります。ここで丸一日の長い乗り継ぎ時間を設定しましたので、おもいきって空港を出てKL市内に出るのも良いでしょう。KL中心部へは高速鉄道が便利です。

出典:tourismmalaysia.or.jp

KL市内のホテルに1泊し、丸一日の寄り道を楽しんだら4/27の午前中にクアラルンプール国際空港(KLIA)に戻ります。

第2区間 往路2区間目

出発地目的地出発日時航空会社便名クラス機材
クアラルンプール(KUL)プーケット (HKT)2024/4/27 12:55マレーシア航空MH794ビジネス(Z)738
クアラルンプールで20時間20分の乗り継ぎをしてからプーケットへ向かいます。

つぎに乗るプーケット行きの便も、もちろんビジネスクラスです。機材は737-800。このビジネスクラスは小型機なので狭いですが、飛行時間は約90分なので問題ないでしょう。短距離便ですのでストレスもそれほど感じないはずです。そもそもマレーシア航空の乗務員の方々からのもてなしの素晴らしさは、どの便でも変わることはありません。

プーケットには4/27の午後1時20分ごろの到着となります。ほとんど疲れずに目的地に到着することがどれほどありがたいか、ビジネスクラスを利用するからこそ実感できることがあります。

出典:malaysiaairlines.com

コロナ禍前は「日本~東南アジア間を10万円台で往復できるビジネスクラス運賃」は、しばしば見られました。ですが、ここ最近はどうでしょうか。「東南アジア方面の10万円台前半で乗れるビジネスクラス」といえば…航空旅行者の安全と自由に関して相当の疑義がある航空会社や経路しか選べない、というパターンが多いです。

今回のマレーシア航空のおトクなビジネスクラス往復運賃を手に取ったあなたは、こんな質問をするでしょう。「こんなに安くて大丈夫なんですか?」と。

私はこう答えます。「いいんです。これはマレーシア航空の公示運賃です。なにもやましいことはありません。そもそも、そうする権利をあなたは『気づけたから』手に入れたのです。そしてこの航空券は『発券・購入方法をあなたが正しく知り、規則に沿って正当に使ったから』手に入ったのです。さらに、これをきっかけにして、あなたは自由で自立した航空旅行者としての経験をたしかに積むのです。」と。

あなた以外の搭乗客の中には、あなたが実践した航空券の買い方などいっさい知ることなく、不当に割高な運賃を払っている気の毒な人もいます。これは下世話な話かもしれませんが、「こんなにおトクな思いができたんだ」という経験は、ある意味であなたが旅行者としての自分に自信を持てるきっかけになるのです。

プーケット国際空港に降りたったあなたは、5月3日の帰国日までずっと自由です。

出典:thailandtravel.or.jp

温暖な熱帯モンスーン気候のなか、美しい白砂のビーチでマリンスポーツを楽しみ、うっそうと生い茂るジャングルに入ってワイルドな自然を満喫し、現地のグルメを楽しみ、フォトジェニックな光景に息を吞み、数々の驚きと感動を全身で体感するでしょう。プーケットが「アンダマン海の真珠」と呼ばれる理由を実感しながら、行きたい場所をとことん散策・観光してください。もちろん、現地の家族や友人と過ごすという人にも、この公示運賃は役に立つはずです。

プーケットで何ができるのか、まだよくわからなくて決めきれないという人は…

タイ政府観光局や関係公共機関、地元航空会社のウェブサイトからオフィシャルの情報を集めてみてください。タイやプーケットの魅力がよくわかるはずです。目的地の全体像を把握するには公式の情報が正確かつ有用です。

【PR】プーケットではどこに滞在しますか?宿泊場所の確保も重要です!


第3区間 ここから復路

出発地目的地出発日時航空会社便名クラス機材
プーケット(HKT)クアラルンプール(KUL)2024/5/3 14:05マレーシア航空MH795ビジネス(Z)738
今回はプーケット出発日(帰国日)を5/3(金)にしています。

最終日はお昼ごろまでプーケットに滞在できます。しかし帰国便に乗り遅れることは避けたいところ。5/3(金)の昼12時までには空港に到着しておく必要があります。ホテルをチェックアウトしたらそのまま空港へ直行するのが良いでしょう。下手な寄り道はせず、プーケット空港を出発するMH795便に遅刻しないことが肝要です。

余裕をもって空港に着いたあなたは、復路でもラウンジ巡りを楽しみます。プーケット国際空港では「コーラル・エグゼクティブ・ラウンジ」で優雅なひとときを過ごすでしょう。

出典:coralthailand.com

コーラル・エグゼクティブ・ラウンジでのリラックスタイムのあと、あなたはクアラルンプール行きMH795便に搭乗します。もちろんビジネスクラスです。機材は737-800。往路同様コンパクトなビジネスクラスですが、飛行時間はおよそ1時間半ですから過不足はないはずです。どうぞ機内ではリラックスして過ごしてください。

クアラルンプール国際空港(KLIA)への到着は5/3の夕方4時40分頃です。KLIAではおよそ7時間弱の乗り継ぎ時間があります。マレーシア航空のゴールデンラウンジを再訪問してみてはいかがでしょうか。

KLIAはラウンジで過ごすだけではありません。東南アジア旅行のおみやげの買い忘れをチェックするのもよし。広い空港内にはフードコートをはじめ、ジャングルウォークのできるエリア、マッサージをたのめるスパもありますから、いろいろと探検するのも良いでしょう。下手に空港の外に出るよりも、空港内でさまざまな探索をしてみてください。帰路でもあなたは新鮮な発見や体験をするでしょう。そしていつの間にか6~7時間が経過していることに、あなたは気付くはずです。

日本方面のクアラルンプール発MH便の機材は、往路と同じくA330-300。評価が高く素晴らしいビジネスクラスですので、復路も安心して優雅にお過ごしください。飛行時間は約7時間ですが夜行便ですので、なるべく積極的に睡眠をとるようにしましょう。座席はフルフラットのベッドにもなりますから快く眠れるはず。そうすることで「旅行中に蓄積した無意識的な疲労が日本に到着した際にバっと出てくる」といったリスクを最小限にできます。

有料版では、詳細が隠されることなく掲載されています。

なお、帰国にあたっては、最初にそうしたように、ちょっとした手間をまた1つかけていただきます。

人によっては「最後の最後で、またこれをするのかぁ・・・面倒くさいな。」と思う人もいるかもしれませんし、「最後にこれをすればいいだけ?ぜんぜん余裕でしょ!」という人もいるでしょう。

有料版では、詳細が隠されることなく掲載されています。

ここまで読んでもう察しがつき、「答えがわかった!」という方は、航空券の購入に向かってください。

何をするのか答えがどうしても思いつかず、どうしても答えが気になる方や、答え合わせをしておきたいという方は、有料版をご覧ください。

出典:malaysiaairlines.com

帰国 おかえりなさい

プーケットへの旅(マレーシア航空のビジネスクラス三昧)はいかがでしたか?

5/4(土)の夕方~夜、あなたはは東南アジアから
日本に帰ってきました。
プーケットへの再訪を決意しつつ、
安全に自宅へ帰りましょう。

今回のモデル旅程では現地滞在が約7日間ですが、それ以上に延長することも可能ですし、これより短くすることも可能です(あくまで空席があればの話)。

また、この運賃では途中経由地マレーシアでのストップオーバーが「往路または復路で1回、無料で可能」です。クアラルンプールでの滞在時間を24時間以上にして、その分プーケットでの滞在時間を短くする、ということもできます。


*****1**運賃 メリットとデメリット

有料版では、この運賃を利用することのメリットとデメリットを隠さずお伝えしています。

(ここは無料版のため、省略・非表示とさせていただきます。)

マイルの積算先も考えておきましょう

今回のビジネスクラス往復割引運賃は、マイルの加算先を慎重に選ぶことで収益を最大化できます。

積算先として有力なのは「EK、QR、CX、QF」です。とくに*****1**運賃はQFに積算すると最大で9,000程度と予想されます。

他のワンワールド系航空会社や提携航空会社でも、これに準じた積算倍率となるようです。そこを突いていきましょう。

AVIOS派の方は「AVIOSの加算率がBA、QR、AYで異なる可能性がある」という点にも着目しましょう。BAで使いたい場合はあえてQRに加算し、その後BAマイページにログインしてQRへの移行をおこなえばおトクになる可能性が高いです。

エールフランス(AF)のフライングブルーも狙い目。沖縄ー台北線や福岡ーソウル線のエコノミー片道*区間分に相当するマイルがもらえます。

下の表に、【ICNーKULーHKTーKULーICN】の予想積算マイルをまとめましたので参考にしてください。なお、この数値は非上級会員のものです。もしあなたが上級会員の場合は、さらに上乗せでマイルが積算される可能性があります

マイル積算先の候補予想積算マイル
QF9000 points
RJ***** miles
AT***** miles
QR***** miles
國泰航空(CX)***** miles
EK**** miles
Malaysia Airlines (MH)***** miles
AY***** miles
IB***** miles
AF、KL、SB***** miles
EY、AS、AA、JL***** miles
BA***** miles
今回の運賃種別に対応するマイル積算先と積算率については、
関係する航空会社の公式ウェブサイトで必ずご確認を!

獲得できたマイルは後日、特典航空券などに交換が可能です。

ただし、この獲得できたマイルは「上級会員到達の可否の判断基準にならない」という航空会社も多くあります。今回の旅程で「エリート資格ポイント」のほうがどれだけ手に入るか、ということについてはそれぞれの航空会社の公式ウェブサイトにある計算表をご自身で調べるか、FFPサポート窓口にご確認ください。

どこのエアラインの上級会員を狙える?

たとえばBAのFFPであるECに加算すると、第3上級会員資格の「Silver」資格に必要なティアポイントの**%をまかなえます。「Silver」達成に必要なティアポイントは600ですが、今回の運賃&旅程で****ポイントを加算できるわけです。あとは年内にBA運航便を4区間乗れば「Silver」になるための条件を達成です。

ただ、この「SilverのためだけにBA運航便で4区間」というのは、なかなかモチベーションを上げにくいですし、やや割に合わないでしょう。それに、他の航空会社でもサファイア相当資格達成への寄与率は**%未満であるところが多いようですので、この運賃ではワンワールド・サファイアを通り越してワンワールド・エメラルドを見据えたほうが良いかもしれません。

出典:oneworld.com

狙いをワンワールド・サファイアからワンワールド・エメラルドに向けてみても、やはりBAのEC「Gold」近道になることがわかります。「Gold」達成に必要なティアポイントは1,500ですが、今回の運賃&旅程で****ポイントを加算し、あとは年内にブリティッシュエアウェイズ運航便をビジネスクラスで4区間乗れば「Gold」になるための条件をほぼ達成できます。それでも微妙に足りなければJAL国内線を数区間乗ればOK。

自社4区間の縛りを敬遠するのであれば、QFの「Gold」が有力候補となります。こちらは必要数1000ステータスクレジットのうち***ステータスクレジットが手に入ります。

今回の*****1**運賃は、ワンワールド・エメラルドを一撃でとれるほどの旨味はありませんが、たとえばBA「Gold」達成に必要なティアポイントのうちの約**%を獲得できるので、低コストで上級会員資格を達成するための手段の1つとして活用できると言えるでしょう。

MHの「Platinum」を狙うなら、今回の自社運賃で約**%相当を達成できます。

このほか、同じくワンワールド・エメラルド資格に相当するQRの「Platinum」達成に必要なティアポイントの約**%が、今回の*****1**運賃で充当できます。

下の表に今回の旅程での予想ティアポイント(上級資格ポイント)割合をまとめましたので、「ワンワールド・エメラルド資格達成を狙うとしたら、どれだけ寄与するのか」の参考にしてください。なお、このティアポイントは上級会員であってもブーストされないことがほとんどです。

ワンワールド・エメラルド資格100%のうち
BA Executive Club「Gold」**% ※
MH Enrich「Platinum」**%
QR Privilege Club「Platinum」**%
國泰航空 CATHAY「Diamond」**% ※
QF  Frequent Flyer 「Gold」**%
今回の運賃種別に対応するティアマイルとその積算率については、
関係する航空会社の公式ウェブサイトにて

必ず最終確認をご自身でおこなってください!

獲得できたティアマイル・ティアポイントは原則として特典航空券などへの交換はできません(一部の航空会社をのぞく)。

ワンワールド加盟航空会社であっても上表に掲載されていない場合は、「今回の運賃を利用しても到達への割合が**%未満であり、コストパフォーマンスがよろしくないケース」となります。たとえばJALの「ダイヤモンド」やフィンエアーの「プラチナ」を狙うなら、今回の運賃ではなく別の運賃をあたったほうが良いでしょう。

※印の航空会社は【ティアポイント獲得とは別に、自社運航便の搭乗が必須】となっていて、ティアポイントやティアマイルだけを集めても上級会員に到達できないようになっています。自社運航便の搭乗がどれだけ必要か、ということについてはそれぞれの航空会社の公式ウェブサイトにある計算表をご自身で調べるか、FFPサポート窓口にご確認ください。

最終的な判断はあなた自身でおこなってください。単純な損得だけでなく、あなたがどの航空会社のファンであるかどうかも、積算先を決めるうえでとても重要な基準の1つになるはずです。

この記事では詳しい数値情報を伏せてあります。

しかしながら、勘の鋭い人や、ある程度航空券を自分で調達してきた経験がある方、海外航空旅行歴2年以上の方は、ここに掲載されたヒントを見ただけで具体的な数値が見えてしまうはずです。

逆に、ヒントだけではどうしてもわからないという方や、購入を考えているのでぜひ答え合わせをしておきたいという方は有料記事のほうをご覧ください。すべての情報や答えは有料記事にて、内容を隠すことなく明かしています。

*****1**の買い方・空席が確認できる日

この運賃の具体的な購入方法は、有料版にて隠さず掲載しています。

(ここは無料版のため、省略・非表示とさせていただきます。)

今回ご案内した価格で購入できる可能性が高い日付は・・・

  • 4/26-5/3 ◎今回のモデル旅程
  • 4/30-5/7
  • 5/2-5/9
  • 5/5-5/12
  • 5/9~5/16
  • 5/10~5/17
  • 5/11~5/18
  • 5/12~5/19
  • 5/16~5/23
  • 5/17~5/24
  • 5/19~5/26
  • 5/20~5/27
  • 5/22~5/29 など

この他にも空席があるようです。ご希望の日程をgoogle Flightなどを使い、ご自身でお調べください。

20243/28時点での情報になります。時間が経過すればするほど空席はなくなっていきますのでご注意を。

出典:malaysiaairlines.com

最後に

今回ご紹介した【マレーシア航空の超おトクなプーケット行きビジネスクラス運賃*****1**】の無料情報は、いかがでしたか?

【出発前と帰国時に、いちいち********をしなければいけない】という手間とコストは少しかかりますが…そのコストを含めても総額約15万円で東京発プーケット行きビジネスクラスの旅が往復で実現でき、しかもそれがワンワールド加盟メンバーであるマレーシア航空の高品質なビジネスクラス、というのは大きな魅力です。


誰よりも早く、自分だけおトクな思いをしましょう!!

今回の無料情報(ヒントのみ)は、以上になります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました

省略・伏せ字・目隠しのない完全な情報は有料版にて公開中です。

「10万円台で、ビジネスクラスでほかの東南アジアの都市へ往復できないの?」とお考えの方は、こちらをどうぞ。


ご留意していただきたいこと

当ウェブサイトはマレーシア航空Trip.comエアトリとパートナーシップを結び、提携しています。そのため記事には広告収入リンクが作成・挿入されていますことをご了承ください。

しかしながら、問題解決のヒントとなるよう、「なるべく少ないコストや労力で非常に美味しい思いができる、格安ビジネスクラス運賃に関する情報の提供」を第一義としてその断片を無料公開したものです。

今回ここに記載された各種情報については、MH公式等に確認し裏取りをするなどして、可能な限り正確で、妥当で、かつ最新であるよう努めました。ただし、それらが100%保証されるというものではありません。

とくに、希望の日程を最安値で予約発券できるかどうかは、空席状況をはじめとしたさまざまな要因によって決まることにもご留意ください。これは言い換えれば、自分の思い通りの旅程が、理想としていた金額やスケジュールで実現できない可能性がある、ということです。

あなたがこの記事を読んでいる日が2024年3月28日からどれだけ経過しているのかにもご注意ください。記事をアップした日から日時が経過すればするほど、すでに他の旅行者によって空席が埋められてしまっている可能性が高くなります。

搭乗の前日や当日になって、機材の変更が発生することもあります。

また、今回の運賃種別に対応するマイル加算先と積算率については、当ウェブサイトが独自に算出したものであり、あくまで概算であり予想値になります。最終的な情報については、関係する航空会社の公式ウェブサイトを必ずご自身で確認してください。

この情報のフルバージョンは有料記事として公開中です。

この航空券のフルバージョン情報を、航空券購入の意思の無い人を含む不特定多数の方に無料で一気に広めたら・・・いわゆるフリーライダーが殺到し、この航空会社は今回の運賃をより早いタイミングで変更・終売とするでしょう。

かつてブリティッシュ・エアウェイズのAVIOSの改悪がなぜ短期間に何度も起きたか、かつてアメックス発行のプライオリティ・パスがなぜ無料食事を撤廃させたか…。それを思い返せば、よくわかります。


  • ◎有料記事は、次のような方に適しています。
    • タイのプーケットあるいは東南アジア諸国に、ビジネスクラスで激安で行きたい方。
    • ワンワールド加盟メンバーであるマレーシア航空のビジネスクラスに安く乗りたい方。
    • エアラインの上級会員資格を、なるべく早く・安く狙いたい方。
    • 効率のよいマイル修行の手段や、そのための快適な航空券を求めている方。
    • 長距離ビジネスクラスでの旅行に興味がある方。
    • 最近の日本発の航空運賃が異様に高くなっていると感じている方。
    • 航空運賃の裏ワザともいうべき仕組みを知り、自分のなかの航空旅行の常識を覆してみたい方。
    • エコノミークラスの旅行を卒業してビジネスクラスでの旅行を始めたい方。
    • 安いコストでマイルを最大限ためられる航空券をお探しの方。
    • クレジットカード入会ボーナスを受け取る条件である「利用金額」をクリアしたい方。
    • リスクを理解しつつ「日本発航空券は必ず高値でなければならないという呪縛」から解放されたい方。
    • 相場の半額という激安航空券がマジで存在することを、実際にこの目で見て、買ってみたい方。
    • 「理想の日程や価格で航空券が買えないこともある。それは当然だ。」という考えをお持ちの方。
    • 第一希望の日程や価格で航空券が買えないときに、第二希望や第三希望でも良いと柔軟に考えることができる方。
  • ×この記事は、次のような方は不向きです。購入(購読)はご遠慮ください。
    • この世のすべての情報は無料で手に入るべきであると信じている方。
    • 日本人の旅行者ならJALまたはANAしかありえない、と考えている方。
    • 「理想の日程や価格でしか航空券を買いたくない」という考えをお持ちの方。
    • この記事をみただけで、「ああ、あの運賃のことね」と瞬時に確信した方。
      (すでに知っていることに対して、わざわざお金を払う必要はまったくありません)
    • HND、ORD、CTS、FRAなどの表記が理解できず、ついていけないと感じる方。
    • UA、AA、DL、LXなどの表記が理解できず、ついていけないと感じる方。
    • 航空券とホテルがパックになったツアーでなければ無理、という方。
    • 「ita Matrix」を知らない、使ったことがない、使いたくもないという方。
    • 「記事から手に入れた情報を実践して美味しい経験ができたら、その体験を嬉々として不特定多数の人にどんどん無料で広めて、みんなをうらやましがらせよう。そして広告収入ゲットだ。フリーライダーがいくら増えようと知ったことか。」という考えを強く持ち、実行する方。
    • 当ウェブサイトの免責事項を読まない、もしくは読めない方。
    • 当ウェブサイトの利用規約を読めない、もしくは読まない方。
    • 有料記事に対して、きわめて強い不信感がある方。

以下に「当ウェブサイトにときどき寄せられるご質問の代表例」を載せておきますので、ご参考までにどうぞ。


:有料記事の内容は、真偽不明だったり、違法行為を推奨するものだったりしますか?

当ウェブサイトが取り扱う情報は有料記事・無料記事問わず、すべて各航空会社の公式ウェブサイト公式アナウンス等を通じて取得したものであり、このウェブサイトで示される航空券の購入方法もすべて合法的かつ規則と良識に則ったものです。

それらの情報の安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性等については慎重を期して最善を尽くしますが、当ウェブサイトはそれらについて100%の保証ができるわけではありません。

したがって、当ウェブサイトにて提供する情報やサービス、その方法を通じて読者が取得する情報等に関連して、読者自身または第三者が損害を被った場合においても、当ウェブサイト管理者は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

なお、この事に関する詳細については【免責事項】にてご確認ください。

:有料記事の購入画面は、じつは個人情報やクレジットカード情報を抜き取るための偽装画面ではありませんか?

当ウェブサイトは、世界的な決済プラットフォームを有するstripe様の提供する機能を使わせていただき、ご購入者様には有料記事のロックを解除するために必要な情報をお送りしています。

したがいまして、悪意ある個人情報の取得・クレジットカード情報や決済情報の取得はいっさいおこなっておりません。

購入ボタン、決済情報入力画面、商品ページ、決済システム等はすべてstripe様にご提供いただいた安全性の高い仕組みを適切に使わせていただいています。また、決済機能の利用登録にあたっては正規の手続きを正当に踏んでおり、stripe様からも定期的な審査をしていただきながら、日々運営しているところでございます。

「有料記事は興味あるが、どうしても不安だ」という場合は、PCの場合は画面の最下部に表示されている「特定商取引法に関する表記」や「利用規約」、「免責事項」をお確かめください。

:有料記事というのは、あとで怪しい情報商材を売りつけるための入口なのではないですか?

有料記事は、おもに【日本路線をもつ外資系航空会社の上級会員に簡単になれる方法】や【本来の相場の半額以下で乗れる日本発着のビジネスクラス運賃】などが含まれます

しかし、その情報源はすべてその航空会社の公式ウェブサイトや、マーケティング担当からの正式なアナウンスです。


出所の不明な情報や違法性を含む情報、航空旅行者にとっての自立・自由・安全性・権利・倫理にそぐわないアンフェアな情報はすべて排除し、いっさい扱っておりません。

どうぞご安心ください。

このウェブサイトでは、航空券を直接販売しているのですか?

いいえ。当ウェブサイトでは航空券を販売しません。
当ウェブサイトがおこなうのは、あくまで「情報の集約・提供」のみです。航空券はご自身でご購入ください。

OTAや航空各社の公式ウェブサイトでは予約購入できない航空券(秘密の航空券)の存在をお伝えし、希望者には有償でそれらの航空券の具体的な購入方法、空席の出やすい日付、利益を最大化できるマイルの積算先候補等をお教えしています。

あなたがもしこの情報を活用し、実際に航空券を購入すると決断したのなら、あなた自身が航空券を購入してください。

なお、当ウェブサイト運営者が「ユーザーからの依頼を受けて、代理で当該航空券を購入し、総額に応じた手数料を徴収する」などということは、絶対にやりません。


購読用パスワードは、本日現在で2,700円(税抜)です。

購読パスワード購入 MH Business Secret Fare to HKT

マレーシア航空 ビジネスクラス利用
日本~プーケット(タイ)往復を約15万円で実現

【いますぐ購入する】ボタンを押して決済すると、↓の有料記事を読むための専用パスワードが入手できます。

マレーシア航空 ビジネスクラス往復旅行 東京~プーケット(タイ) ゴールデンウィーク期間中に総額10万円台でまだ空席あり!! 【有料版】

情報の内容とレア度を鑑みて、それなりの値段(税抜2,700JPY)になっております。

 

たとえば、

「マレーシア航空 中距離路線のビジネスクラスに、相場のほぼ半額で乗ってみたい!」という方や、

「ほかの人たちがより割高な費用を払っている中、自分だけおトクなビジネスクラスでのプーケット旅行!ビーチリゾート満喫をしたい!」という方、

「ワンワールド修行で、ビジネスクラスを有効に使いたい!」といった方、

「本当にこういう航空券の買い方ってあるの?それなら本気で知りたい!」という方がご購入ください。

(このページは予告なく公開終了となる場合があります。)

¥2,700


当ウェブサイトおよび運営者・記事の著者が今回提供した情報を利用したことにより、その利用者(あなた自身を含む)、第三者等が損害を被った場合は、その利用者がその責任と費用をもって解決していただきます。その被った損害に対しては、当ウェブサイト運営者および記事の著者はいかなる責任も負うものではありません。

今回の記事について、著者は著作権の放棄はしておりません。この記事のなかに存在するすべての文章・画像・レイアウト等を無断転載することを禁止します。また、これらを営利目的で複製・頒布等、再利用することも禁止します。引用もしくは個人的利用の範囲を著しく超えるものについては然るべき処置を行います。転載や商業利用を希望される方は前もって当ウェブサイト運営者にご連絡ください。

今回の記事は著作権や肖像権の侵害を目的とするものではありません。記事のなかで使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体・企業に帰属しており、その引用の証左として必ず出典明記がなされています。著作権や肖像権に関して問題が生じていると判断された場合はトップページ右上の「CONTACT」へご一報ください。また、著作権所有者様からの注意および修正・削除の要請があった場合は迅速かつ適正に対処いたします。

当ウェブサイトの免責事項については、こちらからご確認いただけます。

当ウェブサイトの有料記事はその特性上、返金・返品は不可となります。とくに以下の事由について当ウェブサイト運営者は返金を一切しないものとしておりますので、あらためてご確認ください。
-本サービスおよびコンテンツで示された情報や方法を、購入者自身の責任や諸々の外部的要因により再現・活用できなかった場合
-本サービスおよびコンテンツ購入後に航空会社の規定もしくは法律が改正されたことにより、本サービスおよびコンテンツで示された情報や方法が通用しなくなった場合
-本サービスおよびコンテンツで示された情報や方法を購入者自身の責任で再現・活用する際にかかる費用が追加で発生した場合、もしくは購入者自身の判断に起因して損失や不利益が発生した場合
ただし、当ウェブサイトの不備や決済システムによる不備、ならびにクレジットカードの不正利用が法的な手続きをもって明確に証明された場合に限り、当ウェブサイト運営者は返金の措置を講じることとします。

当ウェブサイトの利用規約については、こちらから再度ご確認いただけます。

製作:ヒミツ エアウェイズ
2024年3月28日

「うまく買えました!」「MHの激安ビジネスクラスでプーケットに行ってきます!」といったあなたのSecret Airfareなストーリーを、お待ちしております。

 contact2570@secretairfarestory.com

-プーケット(タイ), マレーシア航空, ワンワールド, 最上級会員への近道, 秘密の航空券